免疫力を上げる
免疫力を高めて健康長生き

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
いい便を出すには食物繊維をたっぷりと!

便は健康のバロメーターです。 どんな便が良いかというと、1日1〜3回出て、いきまずにスムーズに出る、 色は黄色っぽくてバナナくらいの大きさのものが1〜2本、 臭くなく水に浮く便が理想だと言われています。

でも、まずその条件を満たしている人はいないと思います。 そんな便が毎日出たらいいですよね。

では、いい便を出すには、どうしたら良いか? それはよく言われることなのですが、 やはり食物繊維がたっぷり入った食品を食べるのが効果的なようです。

これはだれでも知っていることですね。 でも、食物繊維とはそもそもどういうものなのか? と聞かれるとなかなか説明が難しいものです。

食物繊維とは、消化されない食物中の成分のことで、 不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられます。

水に溶けにくい不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を含んで膨らみ 腸を刺激してぜんもう運動を活発にして 便通を促進する作用があります。

もう一方の水に溶けやすい水溶性食物繊維は、 繊維自体が水に溶けてゲル状になり 食べたものの移動が緩やかになります。

食物繊維は、いずれも大腸内で発酵・分解されると善玉菌のビフィズス菌などを増やすので、 結果として腸内環境が良くなります。 ですので、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のどちらも バランスよく摂取することが大事です。

しかし、日本人の食物繊維摂取量は、減少傾向になっているようです。 原因は様々ですが、食生活の欧米化で肉や乳製品の摂取量が増え、 穀物の摂取が減ったことが大きく影響しています。

食物繊維は、心筋梗塞や糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防にも 効果的だと言われているので積極的に摂るようにしたいものです。

さらに理想を言えば、酵素を合わせて摂るようにすると 腸内環境の向上にはとても良いです。

酵素って何?と言う場合は、酵素効果の解説サイトなどを見てみると 良いと思います。

野菜と果物

生の野菜や果物は、食物繊維も酵素も両方摂れる優良食材です。 なるべく食事に意識して取り入れるようにするといいと思います。



Copyright ©2014 免疫力を高めて健康で長生きしよう! All Rights Reserved.