免疫力を上げる
免疫力を高めて健康長生き

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
免疫機能の8割は腸に存在する!

最近の健康ブームで腸が注目されています。 腸を健康にすることで長生きすることもできると言われているほどです。

実は免疫もそれと同じように腸が深く関係していて、 免疫機能は小腸に70%、大腸に10%、合わせて80%近くが 腸に存在していると言われています。

いくら腸が注目されていたとはいえ、 免疫機能そのものまでも腸が深く関与していることは 今までよくしられていなかったため、 最近の免疫学の世界では、小腸粘膜のことを「免疫の新世界」などとも呼ばれているようです。

小腸はしばしば「内なる外」と呼ばれているようです。

内なる外と言われても、何のことかわかりにくいと思いますが、 要するに「体の内側にあるのに、実は外と接している」ということです。

よく考えて見ると、小腸は、 胃、食道、のどや気管支や呼吸器、口や鼻を通って 体の外とつながっています。

粘膜というバリアーはあるものの、 小腸が外界と接しているのはよく理解できます。

そのため、腸は食べたものを吸収する場所ということだけではなく、 外界から侵入してくる異物や病原体や有害物質などを体が取り込まないように、 食い止める必要があります。

まさに関所のような役割を果たす必要があります。

腸はよく身長の何倍もの長さがある、と言われますが、 この長さは免疫機能を十分発揮するためのものらしいです。

実際、小腸は7メートルの長さがあり、 その面積はテニスコートの1.5倍にもなるようなので、 長く広い場所で時間をかけて免疫機能を発揮しているのでしょうね。

これが、免疫機能の80%近くが腸に存在していると言われている理由です。

しかし、そんなにもウエイトの高い腸の免疫機能は、 98%が眠ったままであるとも言われています。

その原因は、腸内の善玉菌が不足しているからだそうです。 腸内が善玉菌だらけになってはじめて、全ての免疫機能が働くということです。

ということは、免疫力を上げるには、腸に善玉菌を増やし、 腸内の環境を良くしてあげればいいわけです。

腸内環境を良くする方法はいろいろとありますが、 手軽なのは、食物繊維や今、注目の酵素を十分摂ることです。

何にしても食事を見直すことが、最初にすべきことだと思います。



Copyright ©2014 免疫力を高めて健康で長生きしよう! All Rights Reserved.