免疫力を上げる
免疫力を高めて健康長生き

〜サイト紹介〜

ホーム
メニュー
準備中

 
腸の健康を保つのに欠かせないのが善玉菌

「免疫機能の8割は腸に存在する!」のページでは、

腸内環境を良くすることが免疫力向上には必要だと説明しましたが、 腸の健康を保つために欠かせないのが腸内の善玉菌の活性化です。

善玉菌というのは、「善」と書くくらいなのでプラスに働く存在なのですが、 具体的には乳酸菌やビフィズス菌などで、体の外から入ってくる有害な菌に対処し、 免疫力を高める作用があります。

善玉菌の対極にあるのが悪玉菌で、 腸内を腐敗させ、発がん性物質や毒素のある物質を作り出し、 体の抵抗力を弱めてしまいます。

腸内の細菌の量は、その総量が決まっているらしく、 善玉菌が増えれば悪玉菌は減って、 逆に善玉菌が減れば悪玉菌が増えるという仕組みになっているようです。

食べ過ぎたり、消化のよくないものを食べてしまうことがありますが、 そういう時は腸内には悪玉菌が増加しています。

日頃の生活習慣で善玉菌は減りますが、例え良い生活をしていても 年をとるとともに善玉菌は減って、腸内が悪玉菌だらけになるようです。

高齢になるとがんになりやすくなったり、 生活習慣病を発症しやすくなるのは、そのためです。

赤ちゃんがそういう病気をしないのは、 腸内が善玉菌で満たされているからです。

さらに、悪玉菌が作り出した有害物質は、 腸から吸収されると血液を汚してしまいます。

血液が汚れると、それが全身に回って慢性疲労や肌荒れ、 高血圧や動脈硬化など全身的な老化を加速する原因になります。

何とも恐ろしい話ですね。

でも、逆に言えば、年をとっても善玉菌を優位にしておけば 健康で長生きできるということができます。

腸内の細菌のバランスさえ整えていれば免疫力が高くなるわけなので、 もし、食べ過ぎたり、消化の悪いものばかりを食べてばかりいるなら そこを見直すことで効果があるんだと思います。



Copyright ©2014 免疫力を高めて健康で長生きしよう! All Rights Reserved.